癒し空間のはじまりを現代アート作家 柳幸典による、旅館×現代アートの全く新しい形にリノベーション。京都 湯の花温泉の旅館「すみや亀峰菴」ギャラリー百代 はくたい。李白の詩の序文 「それ天地は万物の逆旅にして光陰は百代の過各なり」李白より 名付けた ギャラリー「百代(はくたい)」は、現代アートと伝統の技が織りなす稀有な空間

Gallery Hakutai at Sumiya Kiho-an is a new exhibition space envisioned and designed by artist Yukinori Yanagi. Named after Li Bai’s poem, Hakutai interweaves contemporary art with the beauty of traditional Japanese craftsmanship.

NEWS

すみや亀峰菴ギャラリー百代サイトオープンしました
Kyoto Art Gallery Hakutai site opened.

Now On View

Nagato70・Ⅰ-Ⅱ

柳 幸典|Yukinori Yanagi

 

日本初公開となる柳のパシフィック・シリーズ 新作《Nagato70・Ⅰ-Ⅱ》戦艦長門のプラモデルのパーツを70倍に拡大し、鉄の鋳物として制作した立体作品。ビキニ環礁に沈む実物の長門を自ら撮影した写真作品《Nagato Blue – (propeller)》展示。

大波に翻弄される小舟と、深い海の底に沈んだ近代の鉄の遺構、柳自身が設計・監修した5つの鉄のキューブからなる特別な空間で鑑賞してください。

Being exhibited for the first time, Yanagi’s Nagato 70 I-II is a cast iron installation created from a blown-up plastic model kit of the battleship. Accompanying it on an adjacent wall is Nagato Blue (Propeller), a photograph taken by the artist of the sunken battleship sitting in its final resting place below Bikini Atoll. We hope the visitors will appreciate the contrasting elements of this space – small boats being tossed about in rough waves, the remains of modern history resting on the ocean floor, and the five iron passageways that lead to and from the lobby.

Concept

Gallery 百代
永遠の旅人に
柳 幸典

すみや亀峰菴での構想は、日本美術の偶像とも言える葛飾北斎の神奈川沖浪裏を砂絵で作り、小さな蟻がその砂絵を穿っていく作品 – Study for Japanese Art – Hokusai – を御本尊とするところから空間作りが始まった。富士山を飲み込むほどの大波に出向かえられた旅人が次に誘(いざな)われるのは五つに分解された鉄の隧道が配された空間である。それぞれが内と外の橋渡しをするように配置されている。

この現代美術の展示空間も兼ねている旅館のロビーは、盛唐の時代の詩人李白の「春夜桃李の園に宴するの序」冒頭から、永遠の旅人を意味する百代(はくたい)と名付けた。

「夫れ天地は万物の逆旅にして、光陰は百代の過各なり」
– 天地は万物の旅宿であり、時の流れは永遠の旅人のようなもの –

「而して浮生は夢のごとし、歓を為すこと幾何ぞ」
– 人生は儚い夢のようで、喜び楽しむ時間も限られている –

神奈川沖浪裏の怒涛に翻弄される小舟は、まさしくその様な人生を象徴しているように思える。時代の荒波に翻弄される儚い人の生ではあるが、だからこそ「古人燭を秉りて夜遊ぶ、良に以有るなり」 昔の人が蝋燭に火を灯して夜中まで遊んだのはもっともだと李白が言うように、すみや亀峰菴「百代」を訪れた旅人が人生の一瞬を喜び楽しんで頂けたとしたら、私および協働した京都の職人、陶芸家、YANAGI+ART BASE設計チームを始め創造に関わった関係者のこの上ない喜びである

– Study for Japanese Art – Hokusai –
柳幸典によるギャラリーの初期コンセプト画
柳幸典による百代のコンセプトスケッチ

Design: YANAGI + ART BASE

Gallery Hakutai
For the eternal travelers
Director: Yukinori YANAGI

When I first envisioned Sumiya Kiho-an I began by placing my work, Study for Japanese Art – Hokusai-, as the centerpiece of the whole concept. It is a painting made of sand recreating the iconic image from The Great Wave off Kanagawa by Hokusai Katsushika which is then tunneled through by a colony of ants. After travelers to the hotel are greeted by the great wave swallowing Mount Fuji they are led to five iron tunnels, each set to function as a bridge, connecting one space to another.

I call this lobby / gallery “Hakutai” (Hundreds of generations) in reference to the eternal travelers of Li Bai’s poem “The Spring Evening Banquet in the Peach and Pear Blossom Garden”:

The universe is a temporary inn for all sentient beings. 
Time is a transit visitor over the span of one hundred generations. 
This drifting life is like a dream. There is too little time to enjoy the pleasures of living.
Thus, it was quite appropriate for ancient people to, with candlelight in hand, roam at night.  
(trans. Edward C Chang) 

This small boat traveling through the rough waves of Kanagawa is a perfect representation of this expression – we all live fragile lives tossed around by the waves of time. Thus, as Li Bai said “…it was quite appropriate for ancient people to, with candlelight in hand, roam at night”. 

If the visitors to Hakutai are able to find here a momentary joy it would be to the pleasure of everyone involved in realizing this project, including the craftsmen, potter and our team at Yanagi + Art Base architecture team.

創意
すみや亀峰菴

Gallery 百代の完成に寄せて

 

当旅館は、古今の時代の移ろいとともに幽玄自在に変化していく『和』を単に昔を再現するものとしてではない『新しい昔』と捉え、訪れる人に日常から解き放たれた時間を演出することに努めてきました。

今回、私たちは一見異質ともみえる現代アートとの融合によって旅館の中に流れる芸術性を燃焼させる試みに挑みました。それには伝統技術に裏打ちされた職人達の匠の技が、旅館と現代アートの融合の触媒となればとも考えました。

現代アーティスト柳幸典氏による作品と空間の演出は、訪れる人にゆっくりと過ごす滞在の昼夜で、美術館とは違う作品との触合い時間を提供してくれます。それはまた、旅館が新たな現代アートとの接点となることを証明してくれると思っています。

また、この試みを通して現代アーティストが、『旅館・アートの融合』に興味を抱き私たちに『和』の総合芸術の担い手としての情熱を大いにかきたたせてくれました。同時に旅館が現代アーティストにとって発現と活躍の場になることを確信することとなりました。Gallery百代とともに、これからの旅館像を追い求め、羅針盤としての役割を担ってまいります。

 

令和3年4月吉日

すみや亀峰菴 菴主

ギャラリー百代を支えた職人たち

 日本の文化や伝統を受け継ぎ『 和 』の作品や空間をつくってきた職人たち。ギャラリー百代では、現代アートとの融合において彼らが触媒として大きな役割を果たしました。古来から伝わる技に新しい息吹が吹き込まれ、未来へ美しき良きものを残す。本物の職人たちに支えられ、伝統の新たな魅せ場を演出する空間となりました。